NPO法人空と雲の家福祉会

2019年6月理事長兼
グループホーム施設長飯田陽子辞任
今までありがとう
そしてお疲れさまでした

概 要

事業概要
1998年6月 飯田陽子が都内より羽生市に転居。
自宅を改修して作業所 開設準備
1999年10月 利用者4名で無認可作業所開設(主事業:養鶏・畑)
2000年8月1日 羽生市認可心身障害者地域デイケア施設
「空と雲の家福祉作業所」開所 利用者9名
2001年経費負担増大のため養鶏を断念 利用者7名
3月15日 炭焼を目指し、第一炭窯完成も火入れ式に失敗
音楽指導のため平井亜希江来所(空雲合唱団のスタート)
2002年第二炭窯完成。利用者8名 炭窯長:江森 正でスタート
10月 施設増築
2003年12月 ヤマト財団助成による第三炭窯完成。
 炭焼が作業場として認められ定員増。利用者16名
2004年社会福祉事業研究開発基金「先駆的開発事業」に選ばれ、炭を利用しキヤッセ羽生の池の浄化に取り組む(めだか大作戦) 利用者16名
2005年「世界竹酢液会議」(於:カンボジア)に職員派遣
愛知万博にタドン出品。利用者19名
2006年10月11日 特定非営利活動法人空と雲の家福祉会設立 利用者19名
12月 施設外就労の場として、別会社にて「街の花屋さん花門」を
スーパーケンゾーウエスト店内に開業
2007年日本財団助成による「すずめの学校」完成。竣工式 
利用者19名
2008年利根川域スーパー堤防建設による移転計画開始 利用者17名
農耕班米作り開始(丸紅基金よりトラクター助成)
多目的ホール竣工(共同募金助成)
2009年3月31日 就労継続支援B型認可 定員25名。施設長飯田陽子就任
利用者20名でスタート
6月NPO法人空と雲の家福祉会 代表理事飯田陽子就任
2010年作業場「もくもく工房」竣工(林野庁県産材木利用助成)
羽生市農業委員会へ農家申請、認可される 利用者23名
2011年5月 養蜂開始(小野寺茂さんが指導員として参加)
利用者25名
2013年5月1日 「グループホーム風と花」認可 施設長飯田陽子就任
 開所式(於:空と雲の家福祉作業所)
就労継続支援B型 施設長 平井亜希江就任
空雲合唱団オリジナルソングCD制作(協力:さくまひできさん)
12月 埼玉県広報誌にて蜂蜜が紹介。注文殺到!
2014年7月 フェアトレードを目指しキルギス共和国(中央アジア)で蜂グッズ制作・購入のために渡航
10月 グループホーム風と花にスプリンクラー設置(県助成事業)
2015年7月 送迎車として日産セレナ購入(共同募金助成)
農耕班:スーパーケンゾーへ野菜の納品開始(週1回)
2016年3月 グループホーム風と花増室。7室7名定員へ
5月 食堂増改築 25名が一緒に食事ができるようになる
6月 新任理事2名就任(出井勝俊氏、飯田王海氏)
2017年5月 空雲創設20周年記念式典開催(於:羽生市産業文化ホール)
 式典にて空雲合唱団オリジナルCD2枚目発表・合唱披露
アヒルのガーコ死去。小屋跡地を小農園に整備
花運搬用軽トラック自費購入
2018年7月 ハンドベル購入(木下財団助成)
2019年3月 事務所をもくもく工房2階へ移転(職員9名)
4月 グループホーム風と花施設長飯田陽子辞任。 石塚智子就任
6月 代表理事飯田陽子辞任。 飯田王海就任
米作り休止発表

空と雲の家福祉作業所
グループホーム風と花

348-003埼玉県羽生市常木1104-3
TEL:048-565-1646 / FAX:048-501-5405